すまいの窓口に展示中

北欧デザインの巨匠  アルネ・ヤコブセンの代表作「アントチェア(アリンコチェア)」アルネ・ヤコブセンが1952年にデザインしたアントチェアは、頭を上げた小さなアリの姿のようなフォルムが特徴の3本脚のチェアでした。現在では椅子としてスタンダードな4本脚のチェアも製造されており、住まいの窓口のチェアは4本脚のものになります。

IMG_1929 (2)