住まいと電磁波

プレゼンテーション2
近年、インターネット環境の発達とスマホの普及により、
大量情報通信社会となり世の中便利になってきました。

その弊害として、増えてきているのが「電磁波過敏症」です。
20人に1人の割合でいるといわれています。

主な症状とすれば、
・頭痛
・睡眠障害
・めまい
・吐き気
・動悸 など

スマホを手に持てないという方もいます。
ガンへのリスクの可能性もWHO(世界保健機関)が警鐘を鳴らしています。
fe8c5a81b25677c0ed8b40df094487e6_s
電磁波は身の回りにたくさん目に見えないカタチで存在しており、
これを防ぐことは困難です。

せめてもの暮らし方でいえば、スマホを持つ時間や、パソコンの前にいる時間を減らす、くらいです。

ハシモトホームズでは、電磁波対策・電磁波過敏症について研究をされている
丸山アレルギークリニックの丸山修寛先生による”電磁波対策”を施した住まい
「いやしろの住まい」を提供しています。
詳しくはコチラ

電磁波を完全に防ぐことは無理ですが、その原因となるノイズを取り除く
様々なシステムで対策を施し、症状が軽減されるという方もいらっしゃいます。

他にも、アトピーや化学物質過敏症、睡眠障害、冷え性などにも
効果が感じられる方が多くいらっしゃいます。

電磁波へのその対策を施した、工事中現場へのご案内や
その仕組みについてもお伝えをしています!
次回現場説明会 詳しくはコチラ