静電気と血流の関係

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s

私たちは誰でも電気を持っています。

 

通常、マイナスとプラスのイオンの電気バランスは整っているわけですが、

崩れてしまった場合には、足りない原子を補おうとして他の電気と結合しようとします。

 

その際に静電気が起きるわけです。

 

そのバランスが崩れてしまう原因は、

湿度が下がり、空気中に電気を流しにくくなる乾燥した状態に起きるので、

冬に起きやすいということなのです。

 

もう一つは、

血流なんです。

 

血液の流れがよいとマイナスイオンが作られるのですが、

流れが悪くなると、プラスイオンに負荷がかかっている状態になります。

つまり、静電気が多い→プラスイオン状態→血流の悪いドロドロ血液に…

ともいえます。

 

冷え性や腰痛、動脈硬化から脳卒中や心筋梗塞の危険性も高まります。

 

食生活や運動不足を解消する生活を送りましょう!!

 

といって、簡単にできれば苦労はないですよね。

 

現代に生きるストレス社会においては、

住まいにおいて、リラックスできる副交感神経状態を自然とつくることができる

環境を整える必要があります。

74fa3396f049c00fbbbbeea4979328fe_m

当社のいやしろの住まいでは、

住まいに普通に暮らすだけで、健康を促進します。

 

もちろん、きちんとした食生活や多少の運動も

していただけるとなお効果を発揮します。

 

健康でいつまでも、

そんな将来を見越した住まいを提供しています。

 

ぜひ、その秘密をご体感ください!!

お待ちしております。