ハシモトホームズの持続可能な開発目標(SDGs)

SDGs【ハシモトホームズ】

持続可能な開発目標(SDGs)とは

SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月、国連サミットにて193の国連加盟国の間で採択された、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際開発目標です。

「世界を変えるための17の目標」により構成され、地球上の誰一人として取り残さないこと(leave no one behind)を誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むべきユニバーサル(普遍的)なものであり、日本政府も積極的に取り組んでいます。

ハシモトホームズは、この理念及び目標に賛同し、住宅事業を通じてSDGs(持続可能な開発目標)を推進しその実現と社会の持続的発展に貢献していきます。

ハシモトホームズのSDGs…17のゴール

ハシモトホームズでは、持続可能な開発目標として、次の17のゴールを設定いたしました。

SDGs【ハシモトホームズ】17のゴール

住み継がれる住まい・健康で長寿出来る快適な住まいを普及させることにコミットします。

具体的には、住み継がれる住まいの実現として、「認定長期優良住宅(2018年新築実績100%)」「耐震等級3(すべての新築で構造計算を実施)」「耐熱性能基準 HEAT20 G2 に対応」を実行しております。

また、健康快適住宅”いやしろの住まい”を提供。「自然素材の採用」「抗酸化技術の採用」「健康快適設計基準に対応」を実行しています。

より詳しい情報はこちら

より詳しい情報につきましては、下記リンクにプレゼンテーション仕様をご用意しておりますのでご覧ください。今後も、ハシモトホームズは健康快適住宅に取り組んでまいります。

【ハシモトホームズSDGs】(PDF)