いやしろの住まい エビデンス(科学的データ)①前頭前野 脳血流データ

「子どもが利口になる!?」「認知症の方が改善される!?」

そんな声も聞かれる「いやしろの住まい」の秘密は、

『脳の血流の改善』

にありました。

 

下の画像は、「NIRS(ニルス)」と呼ばれる検査の結果です。

検査した場所は、前頭前野と呼ばれる部分で、

その働きは「思考・コミュニケーション・記憶のコントロール」など

”人間らしさ”をつかさどっています。

 

脳周波測定-001 - コピー丸山アレルギークリニック 丸山修寛先生による検査

 

脳の血流が多いほど、脳は活性化するといわれており、

いやしろの住まいの空間にいるだけで、年齢を問わずに

思考力・記憶力の向上に期待ができるというわけです。

子どもの教育、認知症の予防・改善に

つながるのはこういった科学的な裏付けがあるからです。

*ご注意 すべての方に効果が期待できるというものではありません。