HASHIMOTO HOMES

デザインへのこだわり

住宅素材へのこだわり

住まいづくりの
プロフェッショナル

快適な機能・住宅性能

サポート&
アフターフォロー

すまいの窓口

施工事例

お客様の声

動画

イベント情報

お知らせ

スタッフブログ

フルオーダー
ラ・ラフィネ

テクノカーサ

HIRAYA 平屋

土地・分譲地

分譲住宅

会社概要

理念と想い

採用情報

カラフル

オーナーズクラブ

Function and Performance 快適な機能・住宅性能

【機能・住宅性能】

ハシモトホームズの住まいは、UA値0.56以下、C値1以下を標準としております。(注:プランによってはこの数値にならない場合があります。)2022年4月1日時点で省エネ等級5となります。尚、ご希望によってはUA値0.46以下、C値0.5以下(省エネ等級6)にも対応いたします。
今後は、2050年のカーボンニュートラル実現に向けて、LCCM住宅の完成を2030年目標に取り組んでまいります。

全棟認定長期優良住宅

長く大切に暮らす良質な住まい

国の政策は、長く住める家そして住み継げる家の推進に大きく舵をとり始めています。良質な住宅、快適で安全な住宅に住まうというコンセプトの元、基準が決められています。

  • 省エネ
  • 耐震性
  • 維持管理
  • 劣化対策
  • 居住環境
  • 住戸面積
  • 保全計画

●認定長期優良住宅とは

2009年6月に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行されました。法律の目的は住宅を長持ちさせることによって環境への負荷を低減させ、結果的に消費者の負担を軽減させるためです。
また、将来的には中古住宅の流通に貢献することにも繋がります。今後、中古住宅市場では長期優良住宅の認定を受けている住宅とそうでない住宅とでは、価格で相当なマイナスが発生すると予測されます。申請業務が煩雑なので認定を取らない建設会社も少なくないですが、この手間を惜しまないことでお客様の利益が守られます。認定するのは所管行政庁ですが、技術的審査を行うのは国土交通省の認定審査機関です。

長期優良住宅の認定基準
(戸建て住宅の場合)

劣化対策
数世代にわたり住宅の
構造躯体が使用できること
耐震性
極めて稀に発生する地震に対し、継続
利用のための改修の容易化を図るため、
損傷のレベルの低減を図ること
維持管理・
更新の
容易性
構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・
設備について、維持管理(清掃・点検・
補修・更新)を容易に行うために必要な
措置が講じられていること
可変性
居住者のライフスタイルの変化等に
応じて間取りの変更が可能な措置が
講じられていること
バリア
フリー性
将来のバリアフリー改修に対応できる
よう共用廊下等に必要なスペースが
確保されていること
省エネル
ギー性
必要な断熱性能等の省エネルギー性能が
確保されていること
居住環境
良好な景観の形成、またその他の地域に
おける居住環境の維持及び向上に配慮
されたものであること
住戸面積
良好な居住水準を確保するために
必要な規模を有すること
維持保全
計画
建築時から将来を見据えて、
定期的な点検、補修等に関する計画が
策定されていること。
少なくとも10年ごとに点検を実施し、
維持保全の期間は最低でも30年間

断熱性能・気密性能

ハシモトホームズの住まいは、断熱性能 UA値0.56以下、C値1以下を目指す性能を標準仕様とし、全棟気密測定を実施いたします。オプションとして、UA値0.46以下、C値0.5以下にも対応できる体制を整えています。

イゾベール・スタンダード 断熱材

ハシモトホームズでは、断熱材をイゾベール・スタンダード(16K グラスウール充填断熱)を標準仕様とし、入念な施工基準を設け、壁105㎜、天井210㎜で施工しております。さらに気密シート、気密テープ、コンセント用気密カバーなどなど、吹付断熱などのデメリットを踏まえた標準施工体制を敷いております。

全窓樹脂窓・
Low-E複層ガラスを採用

遮熱と断熱の機能を発揮するLow-Eペアガラスを採用。また、熱伝導率の低い高性能樹脂サッシが断熱性能を支えており、次世代省エネルギー基準に適合。室内を一年中快適な温度に保ちます。

耐震等級「ランク3」・
耐風等級「ランク2」

愛する家族の命を守る構造安定性能

お住まいになるご家族の命を守るために、全てのプランに対して第三者機関による構造計算を実施。
耐震性能等級は最高等級の「ランク3」、耐風性能等級も最高等級の「ランク2」を標準としています。

全棟
構造計算書
付き

※耐震等級3は、建築基準法の1.5倍の強さ。数百年に1度程度発生する地震力に対して倒壊・崩壊しないレベルです。
※耐風等級2は、500年に1度程度の暴風の1.2倍の風に対しては倒壊・崩壊しないこと。50年に1度程度発生する暴風による力の1.2倍の力に対して損傷を生じないレベルです。

間取りの自由度をさらに高める工法

軸組工法に厚床材を組み合わせて、性能と施工の向上を図った工法です。これにより住宅品確法に基づく性能表示制度の最高床倍率の取得が容易になり、間取りの自由度と耐震性能の両立を実現しています。

パナソニック耐震住宅工法
「テクノストラクチャー」

地震に強い住まいを実現する工法

木の梁に鉄を組み合わせ強度を高めた「テクノビーム」を使い、梁と柱との接合部にも金具を用いて、家の骨格を強化しています。鉄を用いた梁と確かな構造計算で強度を保ちながら柱を減らすことが可能となるため、自由度の高い間取りをご提案することができます。

【健康・快適】

健康住宅を素材(材料)だけで考えることはできません。素材(材料)に加えて温度・湿度や光・風、電磁波をはじめ睡眠や間取りに至るまで配慮しつつ、子どもたちが健やかに育ち、家族のコミュニケーションの輪が広がり、健康寿命を伸ばすことを目的としています。ハシモトホームズでは、温度・湿度・光・風を生かした住まいづくりを健康快適住宅と位置付けております。
※オプションにて、ホルムアルデヒドの測定を行い、測定結果と共に資料を提出します。

空気きれい住宅

暮らしをより快適に

ハイクリンボード

ホルムアルデヒドを吸収し浄化するハイクリンボードを標準採用。

ホルムアルデヒド九州・分解イメージ

ReNウォーター

化学物質分解、消臭効果、抗酸化性能、抗菌効果があるReNウォーターをくまなく散布し、活性酸素を抑え家族全員の健康を守ります。

ReN