テクノストラクチャーの家

テクノストラクチャーの家とは、

強く、優しく、資産価値も高い長期優良住宅です。

 

木の梁に鉄を組み合わせ強度を高めた「テクノビーム」を使い、

梁と柱との接合部にも金具を用いて、家の骨格を強化しています。

さらに、2階建て以下の木造建築では義務化されていない構造計算を、

一棟ごとにすべて実施し、最高等級の耐震性能を数字で示して、

確かな安全性を実現。あえて日本人が愛する木の家の温もりに、

災害に対する大きな安心をプラスした住まいです。

 

1、木と鉄の複合梁「テクノビーム」

住まいの構造の中で最も荷重を受ける

梁の強度を高めること、

それはそのまま住まい全体の強度を

高めることにつながります。

木の梁に堅牢な鉄を組み合わせた、

たわみが少なく

強固で安定性の高い

「テクノビーム」を使用しています。

木と鉄の融合が、バランスの取れた強靭な構造体を実現します。Builders_H1_Retouch蜉蟾・-0

 

2、388項目の構造計算

2階建て以下の木造住宅(床面積500㎡以上のものを除く)

では義務化されていない「構造計算」。

これは地震や台風、豪雪などの災害に耐える住まいの力を計算するもの。

「テクノストラクチャーの家」では、

それぞれ間取りの異なる注文住宅だからこそ

木造でも構造計算が必要と考え、

自動体躯設計システムによって、

あえて一棟ごとに緻密に構造計算を実施しています。

耐震、耐風、耐雪すべてにおいて高い品質を確認します。

そのチェック項目は388項目。

法律で定められてレベルよりも

はるかに厳しい基準で設計しています。

また、阪神大震災クラス(震度7相当)の揺れを

5回にわたって加える振動実験もクリア。

激震でも構造強度に影響のない強さが

実証されています。

tab02

 

3、間取りの自由度と可変性

「テクノストラクチャーの家」は

鉄を用いた梁と確かな構造計算で

強度を保ちながら、柱を減らすことが可能です。

ハシモトホームズの魅せる設計を

最大限に生かします。

171031-10_13