HASHIMOTO HOMES

デザインへのこだわり

住宅素材へのこだわり

住まいづくりの
プロフェッショナル

快適な機能・住宅性能

サポート&
アフターフォロー

すまいの窓口

施工事例

お客様の声

動画

イベント情報

お知らせ

スタッフブログ

フルオーダー
ラ・ラフィネ

テクノカーサ

HIRAYA 平屋

土地・分譲地

分譲住宅

会社概要

理念と想い

採用情報

カラフル

オーナーズクラブ

Hiraya 平屋

「平屋style」
豊かに暮らしを愉しむ

平屋のメリットは、”ワンフロア”であること。
生活の動線も短く済み、移動が楽になること。
階段で分断されないので、
つながりを感じられること。
階段の昇り降りがなく、
幼い子供やお年寄りにやさしいこと。
などから平屋を選択される方が
増えています。

家族や友人が集う時も、
ふたりで歩これからの人生も
その時々が愉しい「平屋style」

タイムレスモダンデザインそのままに、
初めて住まいを建てられる方にも、
子育てが終わり、
終の棲家としてお考えの方にも、
ご家族ごとのライフスタイルに合わせた「平屋style」を提案致します。
庭とのつながり、
家族との時間が心地よく過ぎる住まい
かっこいい大人の平屋暮らし

01

平屋のメリット

生活動線(階段へのアクセスが無い)

1階から2階へ荷物を持ち運びする、そしてその逆も年齢が上がるとより困難になります。
ワンフロアーでの暮らしは、洗濯物の持ち運びや掃除などスムーズな動線が生まれます。

02

平屋のメリット

構造の安定

2階の加重がないため構造の安定を確保しやすくなり、広い空間が確保しやすくなります。

03

平屋のメリット

メンテナンス費用

戸建てのお住まいでは、メンテナンス性の高い素材を選んでも、快適な暮らしを維持するためのメンテナンスを行う必要があります。外壁や屋根など大きな面積の場所はもちろん樋など部分的な所も地上から低い事は掛かる費用が抑えられます。

平屋のデメリット

広い敷地が必要
(建ぺい率=建築基準法による
敷地面積に対する建物面積)

市街化地域を13の地域に分けて区分している用途地域によって、敷地に対して建てられる建物の大きさが決まっているため。例えば、建ぺい率が50%の土地に平屋を建てようと思うと面積が60坪の土地には30坪以下の建物面積にしなければなりません。二階建てにするとその面積は倍になる訳ですから、同じ面積を確保しようとしたときより広い面積が必要になります。

注文住宅の一つの形
「平屋に住まう」

住まいの計画は、
様々な要素から成り立っています。
敷地の事、周辺環境の事、
防災やハザードマップ、そして
暮らし方やご家族みんなの思考など…
2階建ての家が多い中
「平屋に住まう」という選択が
より心地よいものになるように
ハシモトホームズでは、敷地環境の調査、
そしてプランニングのご相談を
お受けしています。